みなさん、明けましておめでとうござ
います! 今年最初の「3歩あるいて〜」
は、昨年末に池尻大橋の太陽で行われた、
クリスマス会について書こうと思います。
 毎年の恒例となっているこのクリスマ
ス会。今回のテーマはなんとインド。新
曲「ちょっとそこのカースティーボーイ」
にちなんで、子どもたちと一緒にチャパ
ティーを作るという、なんとも不思議な
パーティーだったのです。毎年この会で
は、スカンク兄弟によるクリスマスメド
レーの演奏やキリストの誕生をつづった
紙芝居など、いろいろな催しを行います。
なかでも神父に扮したワタナベケンイチ
さんによる「第9」の独唱は泣き出す子
供がいるほど好評なのですが、今回は神
父ではなくインド独立の父・ガンジーと
して会を盛り上げてくれました。最初は
ガンジーになることを断固拒否していた
ケンイチさん。衣裳も神父のまま登場し
たのですが、その不服従の精神は正にガ
ンジーそのもの。子供たちからも「ガン
ジーさ〜ん」と呼ばれていたのですが、
それでも本人は自分をガンジーと認めよ
うとしません。会の最後にはサンタ役の
齋藤圭吾(写真家)さんから子どもたち
へプレゼントが手渡され、クリスマス会
は終了。僕らにとってこのクリスマス会
は、一年を締めくくり、新たな年を迎え
るための大切な行事なのですが、唯一ケ
ンイチさん、いやガンジーさんのことだ
けは大きな宿題として来年に持ち越す結
果となってしまいました。
 そして、年も明けた先日のこと。いつ
ものメンバーで新年会を行ったのですが、
齋藤さんが誤ってケンイチさんの眼鏡を
壊してしまいました。わざとではないに
せよ、どうにかしてお詫びをしようと考
えた齋藤さんはガンジーでおなじみの丸
眼鏡をプレゼントすることに。サンタか
らの思わぬプレゼントのおかげで、ケン
イチさんは今年、やっとガンジーになれ
たのです。非暴力! (2010.1.12)        
スカンク兄弟への
手紙もコチラまで
〜第29回〜
「サンタクロースとガンジーさん」
link
バックナンバー